コロッケを作るのは、面倒くさい。

じゃがいもを茹でてひき肉と炒める、タネを形作り衣をつけて揚げる…戦慄するほど面倒くさい。

お肉屋さんで安く売っていて美味しいのだから買ってくればいいじゃないか。そういう人もいるかもしれない。

もちろん、買ってきて食べても美味しい。

だけど、それを上回る感動的な圧倒的な美味しさが、手作りコロッケにはあるんです!

一度食べたら、お惣菜のコロッケは全くの別物に思えてしまう、それくらい美味しいです。

というわけで(?)今日は、よしながふみ『きのう何食べた?(10巻)』から、コロッケを作ろうと思います~。

いざ、コロッケづくり

※詳しいレシピは作中をご参考に。以下手順は完全に作品通りではないのでご注意くださいね。

一口大に切ったじゃがいもを、粉ふきいもにする。

じゃがいもの皮を剥く工程が地味にきらいです
適当な大きさに切って…(一口大って個人差ない?っていつも思う)
ひたひたのお水で鍋にIN!
粉ふきいもの出来上がり♪
previous arrow
next arrow
 

 

フッ素加工の鍋で作ると後で洗うのがラクです。

出典:よしながふみ『きのう何食べた?(10巻)』

粉ふきいもを作る際の注釈。この漫画は、こういう一言注釈があるのが有難いし、めっちゃ助かるし大好きポイントです!!

 

みじん切りの玉ねぎを炒めて、ひき肉を加えて火が通ったら、塩・コショウ・醤油少々・あればナツメグ少々入れる。

みじん切りはこれくらい粗くても美味しい!(結果論)
ひき肉と合流して…
調味料に見守られつつ炒めます
previous arrow
next arrow
 

ナツメグはあったほうが絶対に美味しい!ナツメグってひき肉料理に信じられないくらい活躍しますよね(ただ賞味期限以内に使い切れたことはない)。

 

粉ふきいもと上記を混ぜ合わせて、小判形にまとめます。

この時点で美味しい。いっぱい味見しました。
俵型で10個出来ました~
previous arrow
next arrow
 

 

 

タネを冷やしている間にキャベツを千切り

キャベツを刻んで
お水にIN。からの冷蔵庫にIN。
previous arrow
next arrow
 

キャベツの千切りって、祖母がいつも水にさらして冷蔵庫に入れていたので、何も考えず私もそうしていますが、栄養が溶け出すとかいいますよね…。みんなどうしているんだろう?

 

バッター液とパン粉で衣をつけたら

手が衣状態になるのが嫌なので、左右の手でそれぞれの工程(左手:バッター、右手:パン粉)を担当するものの、最終的には手が衣状態になります(なぜ?)
一番面倒くさい工程が完了!
previous arrow
next arrow
 

シロさんは効率的なので、たぶん『小麦粉→卵→パン粉』ではなく『バッター液→パン粉』で衣をつけるだろうと予想していたので、期待通りで嬉しかったです(w)。

 

少なめの油で高すぎず低すぎずの温度で揚げます!

両面きつね色に揚がったら完成!

無事に爆発せずに完成しました。

でもシロさんが

家で揚げたコロッケって多少爆発してもやわらかくてうまいんだよやっぱり!!

出典:よしながふみ『きのう何食べた?(10巻)』

と多少興奮気味で言っている通り、爆発しちゃっても、それはそれで油を吸ってて全然美味しいのよね…読んだとき「わかるー!!」って思いました。

実食

んもう、めっちゃ美味しいです。こんがり揚がった衣の香ばしさがたまらない…。なんでジャガイモと玉ねぎとひき肉でこんなに美味しくなるの?

タネにしっかりめに味が付いているのでそのまま食べても美味しい!

翌日のお昼に、作中通りちゃんとコロッケトーストにもしてみました。

美味しい~~~幸せ感じました。

タネの段階で既にめっちゃ美味しいので、形を作って揚げることはしないで、
グラタン皿にタネを敷いてパン粉を振って焼いちゃってもそれはそれで美味しそう♪
形を作って揚げるという手間が省けるので今度やってみよう!

料理漫画から料理を作る楽しさ

「何食べ」はドラマ化もされている料理漫画ですね。

 

今日なんにも作りたくないな~という時に読むと、あれ、なんか料理したくなってきたぞ…と、やる気を出させてくれる大好きな漫画です。

冒頭にも書いた通り、コロッケってなかなか作るの手間がかかる!(工程多い&洗い物多い)

今回は漫画の手順通りに追っていくのが単純に楽しく、あまり面倒と思わず作れました♪

漫画の中で主人公たちが食べているものを食べている楽しさもありますね。

漫画や小説に出てくる料理を作ってみる、というのが好きなのでまたちょくちょく記事にしていきたいです。